株式会社住タック

スタッフブログBlog

2015年12月21日遠い昔、はるか彼方の銀河系で

みなさんこんばんは。

映画大好き藤澤です。

皆さんはご覧になられましたか?

ついに公開された、「スターウォーズ/フォースの覚醒」です。

IMG_4429

私は、公開初日に3D字幕版で見に行ってきました。

新たなる三部作の第一章 エピソード7に当たります。

ここからは、簡単なスターウォーズの歴史とフォースの覚醒の感想等を述べたいと思います。(ネタバレ無しで)

スターウォーズは旧三部作と新三部作のふたつ、そして今回公開されたフォースの覚醒が新たなる三部作の一作目となっておりますので、合わせて全九部作の構成となっております。

まずはエピソード4・5・6の旧三部作を簡単に簡単に紹介します。

旧三部作の一作目の「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」は1977年に公開されたスターウォーズシリーズの第1作目の作品となります。

その後、1980年に「スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」が公開され、1983年に「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」が公開され、三部作として完結しました。

旧三部作は、ルーク・スカイウォーカーを主人公にした物語で、ルークがジェダイの騎士へと成長する過程と、なんといってもダースベイダーとの「父と子の戦い」ですね。

すみません。簡単に紹介しました…

次にエピソード1・2・3の新三部作の紹介を致します。

新三部作の一作目、「スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」は1999年に公開されました。ここから新たな三部作の始まりです。

2002年に「スターウォーズ エピソード2/クローン攻撃」が公開され、2005年に「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐が公開され新三部作は完結しました。

新三部作のストーリーは、アナキン・スカイウォーカーが成長し、なぜ暗黒面に落ちてしまうのかという物語となっております。子供の頃のアナキンは可愛くて好きでした笑

旧三部作と新三部作の監督を務めたのは、ジョージ・ルーカスです。

さてさてここからはフォースの覚醒の感想をネタバレ無しで書いていきますよ~

今回公開されたフォースの覚醒は、旧三部作の最終章に当たる「エピソード6/ジェダイの帰還」から約30年後の舞台のストーリーとなっております。

監督は「スタートレック」やテレビドラマ「LOST」などで知られるJ・J・エイブラムスです。

公開初日に見れたのはラッキーでした。もう楽しみで楽しみで、予告をユーチューブで100回位見ていましたからね笑

見た感想ですが、文句無しの面白さだと思います。新しいスターウォーズを見せつつも、過去作のオマージュもあったり、ストーリーとしてはエピソード4と少し被っている所を見ると過去作も大切にしているんだなと思いました。

スターウォーズと言ったら、始まってすぐに出る上に上がっていく字幕ありますよね。

今回はその字幕から注目して見て下さい。

初めから、えーという感じでした。

スターウォーズの全体のテーマとしてあげられるのは、家族愛や仲間との冒険、成長過程といった人間ドラマ!

今回から始まる新たなる三部作も主人公の成長や仲間、家族を大切にする物語、人間ドラマを期待して、次の公開を待ちたいと思います。

自分の中では、最初から最後までクライマックス!

大満足の面白さだと思います。

見るなら3Dをオススメします。

まだスターウォーズシリーズ見られていない方、見ておきたい方は予習として、スターウォーズシリーズを鑑賞する順番を特別に教えちゃいます。順番は、エピソード4・5・6・1・2・3、戻って4・5・6という順番で見れば間違いないと思います笑

私はそうしました笑

見続けていくうちにどんどんスターウォーズの魅力に支配されると思います。

「スターウォーズ/フォースの覚醒」は間違いなく今年一番の大作。

是非、皆さんウォッチして下さい!!

 

今年も残り僅かとなりました。

お陰様で今年も無事に過ごすことが出来ました。

住タックは12月27日から1月3日まで冬季休暇とさせて頂きます。

年明けから良いスタートを切れるよう風邪を引かないように、お正月はゆっくり過ごします。

少し早いですが、また来年も宜しくお願い申し上げます。

メリークリスマス!良いお年を!

 

 

Service

住タックへのお問い合わせはこちら。
お問い合わせ